自分に必要なオイル探し

2015/04/21

~シーズニングオイルの巻~
今月もおかげさまで、
たくさんの雑誌で特集いただき
美容と健康に役立つ「オイル美容」を
お伝えさせていただいております!
マキア6月号では
「オイル痩せ!」特集にて
私のオイル美容を
ご紹介しておりますので
よろしければ、ご覧ください。
以前よりFacebookを通じて
私がお伝えしていることではありますが、
日本でもようやく
「オイル美容」に対する意識が高まり、
様々な機能性オイルたちが
登場するようになりました。
ココナッツオイルが良いと言えば、
店頭から消え、
クルミにはオメガ-3が豊富と言えば、
買い占める、
最近では、あの有名な女優さんが
ヘンプシードオイル愛用だと言えば、
ヘンプシードオイルに火がつく、
などなど、
オイル美容というキーワードとともに
様々な食品たちが注目されています。
同時に、買ってみたものの、、、
使いこなすことができない!
これが本当に
自分に必要なオイルなのか分からない!
という疑問の声も
私たち協会に多く寄せられます。
私が長らく提唱している使い方に
「シーズニングオイル」
(ブレンド調味オイル)
があります。
様々なオイルがメディアでも
ご紹介されるようになった一方で、
オイル=加熱料理の潤滑油
として扱われている傾向が
まだ強いですが、
オイルは本来、
「香辛料・調味料」
であるべきなんです。
植物の凝集物であるオイルは
植物の命のエッセンスです。
加工品のような混ざりもののない、
医薬品のように人工的ではない、
植物の恵そのものです。
この凝集エッセンスの中には、
私たちのエネルギーとなる
様々な脂質とともに、
脂溶性ビタミンや
ポリフェノールなどの
ファイトケミカルが
豊富に含有されています。
フェノールやタンニンといった成分たちは
オイルの味や香りを決定づけるのと同時に
私たちの体の中で
様々な作用をもたらしてくれます。
同時に、その作用は
人によって強さも相性もいろいろです。
もともと植物たちが生きるために
持ち得ていたエネルギーなわけですから
自己防衛的な成分であるため、
特には外的から身を守るための
強い作用をもつこともあります。
だから、オイルを選ばれる際には
その植物がもつ脂質と合わせて、
どんな栄養成分をもっているのか
知って使うと、楽しくなります。
たとえば、
多くの皆さんが買われている
ココナッツオイルなら、
甘さと風味に合わせて、
苦み成分のタンニンが
豊富なオリーブオイルをブレンドしたり、
アレルギー抑制作用の
ロズマリン酸が豊富な
香ばしい荏胡麻オイルをブレンドしたり、
リコピンが豊富な
ローズヒップオイルをブレンドしたり、
などなど、
組み合わせてブレンドするだけで
簡単にできます!
脂質にプラスした機能性の高い
シーズニングオイルを
是非、トライしてみてください!

11150227_463577960465332_2569800954716608500_n

11151061_463578083798653_5283667294238204162_n

11138634_463578140465314_7363024213307639960_n

Instagram
  • 9月 2017
         1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    « 8月   10月 »